×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Главная страницаО сайтеОб автореГалереяПроектыСсылкиБлог



Hail!素晴らしきゴートの世界へようこそ。
ここでは古代ヨーロッパを華々しく駆け抜けたゴート人の歴史や遺産について、ゴスロリちゃん
と愉快な仲間たちが適当に探究するよ!著者は別に専門家でもなんでもないので、ここに書いて
あることを鵜呑みにして赤っ恥をかいても責任は取らないよ!ちゃんとゴート人について知りた
い人は、専門書を読んでね!ゴスロリちゃんとのやくそくだよ!


ゴート語ってなあに?

ゴート語は、インドヨーロッパ語族のゲルマン語派東ゲルマン語群に属する言語だよ。
主にゴート人が使っていた言語で、最盛期には黒海北岸からイベリア半島に至るまでの広範な地域
で使用されていたみたいだよ。8世紀から9世紀の間にほとんど死語になったけど、クリミアでは18
世紀頃まで細々と使われていたらしいよ。
ゴート語は、まとまった文書を持ったゲルマン語としては最も古い言語だよ。現存するゴート語文
書の大半はウルフィラによる聖書の翻訳(銀の書)で、これらはなんと4世紀に行われた仕事なん
だよ。ゴート語の文書は他のゲルマン語の文書よりも何世紀も古いだけでなく、現在では完全に死
滅した東ゲルマン語の唯一の標本なので、ゲルマン学的にとても重要な研究対象となっているよ。



ゴート人ってだあれ?

ゴート人は9世紀頃までヨーロッパに広く分布したゲルマン系の民族だよ。でも、ゴート人という集
団がいつどこで形成されたのかはよく分かっていないんだよ。恐らくはヴィスワ川下流域から黒海北
岸に向けて移動し、その後ヨーロッパ各地に分散したんじゃないかなー多分…というのが、有力な学
説だよ。また、ゴート人の歴史家ヨルダネスによれば、ゴート人はヴィスワ川流域に来る前はスカン
ディナヴィア半島南部にいたらしいけど、これを裏付ける考古学的証拠は未だに発見されていないか
ら、専門家には疑問視されているよ。
ゴート人は4世紀頃から南ヨーロッパの各地に進出し、一時はローマ帝国を脅かすほど強大な存在に
なるけど、8世紀までにゴート人の国はことごとく滅び、9世紀頃までにはゴートという集団は消滅し
てしまうよ。諸行無常だね!ゴート人という集団は滅びてしまったけれど、彼らの軌跡や遺産は後世
のヨーロッパ史にも大きな影響を与えているんだよ。ゴートは滅びぬ。何度でも蘇るさ!





ゴスロリちゃんと仲間たち